体は心とつながっている

ほうけい.com

未分類

真性包茎を器具で矯正する

更新日:

包茎専用の矯正器具

真性包茎から仮性包茎へ進むため
「キトー君」「ムケル君」という器具がある。
包皮口の皮膚を伸ばすための専用器具だ。

一種のペンチのような形をしており
狭い包皮口を伸ばすのに適している。
価格はどちらも税別12000円。

真性包茎やカントン包茎を矯正するためには
地道な「ムキムキ運動」がおすすめだ。
手を使って気長に包皮を伸ばし続けるのが望ましい。

しかし包皮口が硬くて手むきが難しい場合は
これらの器具を補助的に使うのもアリだ。

「キトー君」公式ホームページ

「ムケル君」公式ホームページ

器具使用の原理

包皮を伸ばす処置は古代から行われてきた。
適度に引っ張り続けると皮膚は伸びて長くなる。

皮膚はのびるものなのだ。
ローマ時代は「ユダヤのおもり」というものがあった。
包皮におもりをつけて皮膚をのばす器具だ。

割礼を受けたユダヤ人が
当時のローマ人社会に溶け込むために
わざわざ露茎から包茎に改造した。

ローマ人にとっては露茎は恥ずかしいことだった。
運動競技を行う際は包茎の先を結んでいた。
うっかり亀頭を露出させないためのエチケットである。

包皮口を伸ばすときの注意点

1,手も包皮も清潔にする。
2,やりすぎに注意。
これに尽きる。

「1,」は簡単だ。
入浴時によく洗ってから取り組めば
清潔に、定期的に処置できる。

しかし問題は「2,」だ。
どこからがやり過ぎなのか分からない。
他人にたずねづらい話題だし、経験者を見つけるのは難しい。

一般的に男性は、ついやり過ぎてしまい
皮膚を痛めがちだ。

迷ったら控えめに。
半年から一年くらいのつもりで気長に繰り返そう。
包皮が反転可能になる日が必ずくる。

「キトーくん」ホームページ

「ムケルくん」ホームページ

「キトーくん」「ムケルくん」の代用品

12000円は高い。
たしかにその通りだ。

何とか自作できないものか?
かわりに使えるものはないか?
器具自作への挑戦があとをたたない。

しかし素直に購入した方が得策だ。
事故は絶対に避けたい。
亀頭をはさんだり、
包皮を割いてしまったりしないため
やはり専門の道具がのぞましい。

時給1000円で働いて12時間分。
2日バイトすれば入手可能だ。

「キトーくん」ホームページ

「ムケルくん」ホームページ

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© ほうけい.com , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.