体は心とつながっている

ほうけい.com

未分類

包茎矯正器具を自作してはいけない。

更新日:

DIYは楽しい。
自分で工夫して、何かを作れば
好みのものを安く入手できる。

しかし陰茎をカスタムするのは
慎重にしたほうがよい。

「こんなん俺でも作れるわ」
とお金をケチって自作に走らないこと。
失敗したときの被害が大きい。

ペットボトルによるしめつけ事故

マンガ『稲中卓球部』では、
ペニスを異物に挿入するシーンがある。

前野は理科室でフラスコに挿入した。
井沢はペットボトルに挿入した。
「はめられてはめちまった!」

気持ちはすごく分かる。
共感をよぶ名セリフである。
サイズの目測を誤ると事故が発生する。

挿入は、本能。
男子はこんなことをこっそりやっている。
論文でも「こっそり挿入」の事故が報告されている。

・ペットボトルが抜けなくなった。

(小林ほか「ペットボトルによる陰茎絞扼症」泌尿器科紀要2010/1)

・ナットが抜けなくなった。

(後藤ほか「解除に難渋した陰茎絞扼症の1例」泌尿器科紀要2015/4)

・輪ゴムを巻きっぱなしにして壊死した。

(佐々木ほか「陰茎壊死、敗血症をきたした輪ゴムによる陰茎絞扼症の1例」泌尿器科紀要2015/4)

一般に、硬いものより

柔らかいもののほうが被害が大きい。
ペットボトルやナットよりも
輪ゴムや糸に用心すべきだ。

巻き付けたまま放置してしまい、
いつのまにか亀頭が壊死する。
そんな事故は余りに情けない。
悔やんでも悔やみきれない。

輪ゴムは絶対に使わない

とくに輪ゴムは陰茎に危険である。
安価ですぐ手に入るからといって
ペニスに巻いてはいけない。

輪ゴムが危険である理由
1,細いため、圧が集中する。
2,扱いが容易なため、巻きすぎになりやすい。
3,軽いため、つけていることを忘れる。

手軽に効果をあげながら、事故を起こさない
という調整はなかなか難しい。

やはり市販されている器具は
その点で考え抜かれている。

もし事故が起こったら
それは製造者・販売者の責任になるからだ。

その商品は馬鹿らしいほど簡単で
割高に思えるかもしれない。
しかし試行錯誤を重ね、
ようやく達した結果の形状なのだ。
シンプルに見えるものほど奥が深い。

包茎矯正器具を自作する際は
よく考えていただきたい。
金をケチらないほうがいいこともある。

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© ほうけい.com , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.