体は心とつながっている

ほうけい.com

男の身だしなみ

梅毒検査を費用0・匿名で受けるー大阪府

更新日:

大阪府でも梅毒が急増-8年間で20倍に

梅毒増加は日本全体で問題になっているが、
大阪でも早いペースで急増している。
8年間で約20倍。
2010年に57件だったものが。
2018年には1187件になった。
恐ろしい勢いでふえている。
梅毒はおもに性的接触でうつる。

とくに20代女性で増加

むかしは同性愛者どうしでの感染が多かった。
2014年までは感染者の9割が男。
男から男へうつる病気と思われていた。
ところが近年は女性患者のほうが急増した。
大阪府梅毒報告数
いまや男女間での接触による感染がメインだ。
梅毒はメジャーになってしまった。
ふつうの人がかかる病気だ。
自分とパートナーを守るため
早期発見と予防が心がけねばならない。

梅毒の症状

梅毒の症状は判別がむずかしい。
むずかしいどころか、まったく症状がないこともある。
初期によくあるのが患部が固くなることだ。
陰部やのど、唇がただれて固くなる。

あわせて近くのリンパ節が腫れることもある。
しかしこの症状は自然に消えてしまう。
消えても、けっして治ったわけではなく
病気はひそかに進んでいる。

もう一つのわかりやすい症状は、赤いブツブツだ。
ブツブツは感染から数週間後にでてくる。
梅毒の症状をほっておいてはいけない。
放置して数年たつと血管や脳や心臓に障害をおこす。

感染経路と予防方法

感染経路はふたつある。
性的接触と母子感染だ。

コンドームなしのセックスや
不特定多数とのセックスは
感染リスクが高い。
口の中に症状があればキスでもうつる。
粘膜や皮膚の傷から感染する。

妊娠している女性は
妊婦健診で梅毒も調べておこう。
感染したまま出産すると
赤ちゃんに影響がでるかもしれない。

梅毒の治療方法

梅毒は治療できる。
飲み薬を数週間つづければ完治する。
皮膚のみに症状がでているなら
皮膚科で見てもらう。
性器にも症状がでているなら
泌尿器科(男)や婦人科(女)で診察しよう。
大切なのは早期発見だ。

保健所で無料・匿名の検査ができる

大阪府の場合は、保健所で検査できる。
エイズ検査とセットで申し込めば無料・匿名で受け付けてくれる。
(下の画像は、大阪市中央区役所の自動ドア)
グレイのテルもエイズ予防を気にかけている。
グレイのテルがエイズ予防を呼びかける
ただし保健所での検査は、平日昼間ばかりだ。
仕事を休んでいくのはハードルが高い。
そんなひとのためには
郵送でできる検査キットが各種ある。
お金はかかるが健康にはかえられない。


スポンサーリンク

-男の身だしなみ
-,

Copyright© ほうけい.com , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.