体は心とつながっている

ほうけい.com

未分類

なぜみんなむけているのか?

更新日:

子どもの頃の記憶をたどると

大人たちは皆むけていたような気がする。

父と一緒に風呂に入る。

銭湯や温泉に行く。

まわりのおっさんたちは当然のようにむけていた。

圧倒的に包茎が少ないのだ。

皆無である。

統計資料では包茎の割合はけっこう高い

記憶と合致しない。

これは一体どういうことなのか?

包茎の大人はそもそも温泉にこないのか?

 

みんなむいているのだ。

足立文太郎という解剖学者が

この問題を研究した。

解剖にまわされる遺体には包茎が多い。

しかし銭湯で観察すると包茎が少ない。

足立はここに疑問をもった。

まず足立は軍医の協力を依頼した。

軍隊では徴兵検査があるからだ。

広島歩兵部隊485名を調べ

包皮の形状と割合の統計をとった。

割合は以下のとおり

1,包茎:4名

2,包茎だが反転可能:137名

3,包皮を伸ばせば覆える:317名

4,包皮を伸ばせない:27名

真性包茎、仮性包茎、露茎、完全な露茎

という分類である。

足立は「3、包皮を伸ばせば覆える:317名」に注目した。

この中には、包皮が亀頭の後方へ

めくれあがっているものがある。

自然なプロセスではなく

人為的にめくりあげたのではないのか?

足立は「3,」の男たちに問いただした。

包皮を自分でたくし上げたのではないか?と。

軍医からも同じ質問をさせた。

兵士達の回答は・・・、

 

包皮がむけるようになった後も

皮かぶりだったので

包皮を反転させてたくしあげ

亀頭を露出させるようにした。

最初のうち包皮は元の位置に

戻りがちだったけれど、

ついには巻き上がったまま

そこにとどまるようになった。

 

8-9割はこういう回答だった。

兵士らには迷惑な話である。

繊細さのかけらもない。

 

日本人は包茎?

足立は結論する。

日本人はもともと包茎である。

常にむく習慣があったからむけた。

むかなかった者は皮かぶりとなった。

『本邦人の包皮について』東京人類学雑誌」161号pp.427-434(1899年8月)

 

みんな一生懸命むいていたのだ。

それから知らん顔で銭湯へ行っていた。

もともとむけていたかのように。

現在よりも人前で裸になる機会は多かったろう。

包茎をあざ笑う無神経さも当然のようにあった。

必死でむいたのだ。

包茎を嫌うのは文化である。

そしてこの価値観は現代でも続いている。

今を生きている以上

周囲の価値観と対面する。

包茎をむくのも戦い,

むかぬのもまた戦いである。

 

 

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© ほうけい.com , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.