体は心とつながっている

ほうけい.com

未分類

仮性包茎のデメリット

更新日:

仮性包茎は病気ではない。

清潔にしていれば何の問題もない。

しかしやはりデメリットもある。

医学上のデメリットではなく

生活上の不都合と言うべきものだが。

  1. 陰毛を巻き込む
  2. 男性からの視線
  3. 女性からの視線

それぞれ解説していきたい。

1、陰毛を巻き込む

これはおぼえがあるだろう。

包皮が亀頭にかぶさるときに

陰毛を巻き込むと痛い。

小用を足すと、尿が思わぬ方向へ飛んでいく。

おかしな感じに陰毛が亀頭をひっぱるからだ。

汚してしまった便器まわりをふくのは

情けない思いである。

また巻き込みのせいで毛も抜ける。

陰毛だらけだと、

せっかく部屋に来てくれたひとの

テンションもだだ下がりである。

毛の巻き込みはバリカンで解決する

 

2、男性からの視線

着替えのときにストレスになる。

みんなで海へ行く。

プールへ行く。

銭湯へ行く。

温泉へ行く。

サウナへ行く。

せっかく遊びに出かけたのに

仮性包茎を気にして会話に集中できない。

余計なことに気を遣う。

残念な話である。

また男同士のつきあいは時として

マウンティング合戦になる。

「どっちが上か白黒つけようや」と。

仮性包茎は減点対象だ。

できるなら対策しておきたい。

医療用テープで仮性包茎はばれない

2、女性からの視線

女性は意外に包茎を気にしていない。

包茎自体はどうでもいいのだ。

包茎を目撃される前に勝負がついている。

つまり品定めが早いのだ。

この男は「あり」か「なし」か瞬時に判断している。

出会ってすぐに動物的な勘で分けてしまう。

生き物として生命力にあふれているか?

遺伝子を残すためのパートナーとして優れているか?

言葉ではなく、全体の雰囲気で感じ取る。

だから、男性には自信が求められる。

包茎を気にするとしたらこのあたりがからむ。

無用なコンプレックスをなくすためだ。

まず大事なのは自信。

会話は実地で失敗して上手くなる

いちばんの基本は勉強・仕事すること

筋トレをおすすめする

オナ禁はめっちゃ効く

地道な積み重ねで仮性包茎は克服できる。

あせらずに長い目で見て努力を続けること。

包茎を通して学べることは多い。

股間だけにとどまらず

人間全体を向上させよう。

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© ほうけい.com , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.