体は心とつながっている

ほうけい.com

未分類

包茎手術の最も多い国

更新日:

包茎手術が多かったのは韓国

韓国では1950年代から包茎手術が広まった。

朝鮮戦争に伴うアメリカ軍駐留の影響といわれる。

普及率は急速にあがり

1980年代から1990年代にかけては

男子の出生数を上回る包茎手術が行われた。

もはや新しい慣習である。

大人になる途中で必ず包茎手術を受ける。

早ければ生まれてすぐに包茎手術。

子どものころは夏休み・冬休みに包茎手術。

もしくは小学校→中学校・中学校→高校の

長い休みの時に受ける。

タイミングを逃したら徴兵の時に

軍隊で包茎手術を受ける。

国がタダでやってくれる。

「そういうものだからやる」という感覚だ。

包茎手術での苦労

思春期のまっさかりに包茎手術するとつらいことがある。

勃起だ。

手術後一週間は傷口の安静がのぞましいが

人生でもっとも性欲が旺盛な時期である。

あっというまに体が反応してしまう。

テレビや雑誌は敵だ。

妄想を止めようと遠くの山を眺めたり

国歌を歌って敬虔な気持ちを呼び起こしたりする。

しかし朝立ちなど、どうやっても止めようがない。

痛みを軽減するため紙コップでガードしてみたりと

いろいろ苦慮する。

それに韓国だって貧乏人はいる。

包茎手術の費用が出ない場合はどうするのか?

自分でやる。

DIY的な道具が売られているのだ。

「割礼キット」(日本語)で検索するとヒットする。

恐怖に逆らって包茎手術する。

手術していないとからかわれる。

韓国で包茎手術が急激に減る

しかし韓国の包茎手術は急激に減少した。

「過去10年間に包茎手術を受けた経験」

を調査したところ割合は以下の通りだった。

2000年は75.7%

2011年は25.2%

10年で1/3に減ったのだ。

中央日報2013/1/7

包茎手術数は少なくとも100万件減ったと推測される。

意識の変化が起こったのだ。

・インターネット等で医療知識が広がったこと

・青少年の自己決定を尊重する雰囲気ができたこと

このふたつが原因といえる。

「しきたりだから」と問答無用で

押しつけることがなくなった。



スポンサーリンク

-未分類

Copyright© ほうけい.com , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.