体は心とつながっている

ほうけい.com

包茎手術

包茎手術を安く受ける裏技

更新日:

まだ学生でお金がない、
でもどうしても包茎手術を受けたい、
という場合はどうしたらいいだろうか。

2つの方法がある。
1,泌尿器科で保険適用してもらう。
2,ABCクリニックで割引を利用したおす。

泌尿器科で保険適用してもらう

真性包茎ならば保険が適用され、いちばん安い。
1万円かからずにやってもらえる。
仮性包茎には使えないはずの方法だが
現実には抜け道がある。

グレーゾーンというやつだ。

世の中の包茎は、
これは真性、こっちは仮性と
くっきり分けられるものばかりではない。

実際には真性と仮性の境界線に幅がある。
ちょっときつめかな、とか
頑張ればむけるんだけどな、という状態だ。

グレーゾーンの包茎をどう判断するか?
決めるのは医師だ。
医者が真性包茎と診断してしまえば
保険が適用され、安く手術してもらえる。

そしてグレーゾーンの幅を広く取れば
かなりの包茎が保険の対象となる。
話せる、そして包茎手術のできる医師を探し、
親身になって対応してもらう作戦が有効だ。

泌尿器科の先生がみな包茎手術できるわけではない。
経験のある医師を探し、交渉する。
こちらのコミュニケーション能力が必要になる。

デメリットは医師の手術経験が少ないことだ。
泌尿器科の医師は扱う範囲が広い。
毎日、包皮を切っている専門クリニックほどの経験は積めない。
そのかわり泌尿器系全体からみた診断を下してくれるだろうが・・・

ABCクリニックで手術する

安いのはABCクリニックだ。
「キャンペーン」や「学割」を適用すれば
3万円+消費税で手術できる。

オプションは一切つけず
最低限のメニューのみを申し込めばいい。

ABCクリニックはどういう人におすすめか

リスクを見積もって受け入れる

包茎手術を受けるなら
どこかでリスクを受け入れなければならない。

よくある失敗は「切りすぎ」だ。
包皮が足りなくなって、勃起すると皮が突っ張る。

後遺症もゼロではない。
後からしこりが出る場合もある。

山崎邦正の包茎手術とペロニー病

まれにあるのが壊死だ。

包茎手術のトラブル

たとえば広告で「年間1200件の実績」とうたっていても
数と質が比例しているとは限らない

「95%が満足」というのは「5%は不満」
ということかもしれない。

「修正治療を請け負う技術力」といっても
グループのなかにひとり腕利きがいるだけのことかもしれない。

体に針を刺し、メスを入れるのだ。
リスクゼロということはあり得ない。

手術で得られるメリットと、お金とリスクを比べよう。
落ち着いてよく検討しよう。
このまま包茎でも死ぬわけではない。

手術以外にも方法はあるし、
そもそも仮性包茎なら機能的になんの問題もないのだ。

自分でできる包茎対策まとめ

スポンサーリンク

-包茎手術
-, ,

Copyright© ほうけい.com , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.