体は心とつながっている

ほうけい.com

高須語録

高須院長が語る、生存競争に適したペニス

更新日:

「かっちゃん」こと高須克也先生は
美容外科医界のパイオニアかつ重鎮である。

包茎手術もさんざんやってきた。
最盛期には1日に300件もこなしたこともある。

そんな高須先生からみて理想のペニスはどんなものか?
「かっちゃん」の回答はシンプルだ。

短くて、皮がかぶっているほど良くて、早漏なやつほど生き残る。

人類がサバンナで暮らしていた頃は
「短小」「包茎」「早漏」こそが
生存競争に有利だったというのだ。

1,大きいより小さいほうがいい
2,むけているよりかぶっているほうがいい
3,遅いより早いほうがいい

高須先生はそれぞれ理由を挙げて解説されている。

 

1,大きいより小さいほうがいい ー 短小

野生で暮らすことを考えたら、

普段から大きく露出していたら、

それだけ傷つける可能性が高くなるでしょう。

その通りだ。

ふだんはコンパクトに収納しておき
必要なときに必要な長さだけ伸ばして
使用するのが機能的だ。

2,むけているよりかぶっている方がいい ー 包茎

同じ理由で、包茎のほうが亀頭が傷つきにくい。
包皮が保護カバーになって
事故や攻撃から亀頭を守ってくれるのだ。

その証拠に他の哺乳類は包茎である。

 

3,遅いより早いほうがいい ー 早漏

敵がたくさんいるジャングルなんかだったら、

いつ捕食者に襲われるかわからない。

できるだけ早くパパパッと交尾を済ませたほうが、

生き延びる確率は上がるんだよ。

性行為に時間をかけるのは好ましくない。
無防備な状態になっているからだ。
素早く確実に妊娠させることが重要。

その課程を、時間をかけて楽しむのは
後づけの、倒錯した快楽とも言える。
人類は進化しすぎたのだ。

 

高須先生の持論

太くて長いやつはなかなか生き残れない。

でも、数が少ないからこそ、

価値があるっていうことでもあるんだろうね。

言ってみれば、宝石と同じだよ。

美容整形という行為そのものが
文化的な、精神的な要素が強い。

目が大きい方が美人かもしれないが、
砂やホコリに弱い。

鼻が高いほうがかっこいいかもしれないが、
ぶつける可能性があがる。

スリムよりふっくらしているほうが健康的。
栄養が充分にとれている状態だ

しかし現代でそんなことは言っていられない。
人類は文明を発達させ、集団で暮らすようになった。
社会を円滑にまわすために人間関係を張り巡らせた。
その過程で色んなものに意味をつけていったのだ。

スリムで

目が大きくて

鼻が高くて

胸だけ大きい

そんな美人は世の中に明らかにちやほやされる。
性格だって変わってくる。
人生に天と地ほどの差が出る。

「美しさ」は不合理なものかもしれないが
手術で入手できるんだったら安いものだ。

男性の包茎手術も同じだ。

NEWSポストセブン2016/6/18



スポンサーリンク

-高須語録
-, ,

Copyright© ほうけい.com , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.